年賀状を書く暇がない方の強い味方

年末になると、そろそろ年賀状を準備しなければと思う方が多いのではないでしょうか。

お付き合いが多い方は、何百通も年賀状を準備すると聞いたことがあります。

又子育て中の方や、仕事が忙しい方もゆっくり書く暇がないとお困りの方もいらっしゃると思います。

そんな時強い味方なのが、パソコン。

デザインが豊富な上に、無料で利用できるテンプレートなどもあります。

自宅にプリンターがあれば、デザインを選んで印刷するだけなのであっという間に完了です。

又インターネット上で手軽に年賀状印刷を申し込めるサイトもよいですね。

こちらもデザインが豊富です。

宛名書きもお任せしたい場合は、相手の住所を入力するだけ完了します。

お気に入りの写真も取り入れたい場合は、サイト上でアップロードしカスタマイズも可能です。

万が一操作方法が分からなくても、サポート体制が整っているサイトもありますので安心です。

価格や支払い方法、出来上がった年賀状がいつ頃自宅に届くのか、年賀状印刷のサイトは沢山ありますので比較してみては

どうでしょうか。

年賀状は、一年に一度です。

メールやSNSで、日頃からコミュニケーションをとっていても年賀状が届くととてもうれしいですね。

届いた相手も、うれしい気持ちでいっぱいだと思います。

年賀状は「お互いを思いやる気持ち」「これからもよろしく」という気持ちが直接心に響くコミュニケーション方法だと感じます。

2018年ぐんまちゃんの年賀状のネット印刷ならここ

年賀状を出す時期には注意が必要

今年も年賀状を作成する時期が近づいてきました。毎年のように出している年賀状ですが、みなさんは投函する時期について気を付けたことはありますか?実は年賀状の投函時期には注意が必要なのです。どのような注意が必要か疑問に思う方もいるかもしれませんが、年賀状を投函する時期には二つの注意が必要です。

まず一つ目は早めに投函してしまう方に気を付けていただきたいことです。それは喪中はがきが関係しています。一般的に喪中はがきは12月上旬に出すので年賀状を投函する前に届きますが、郵便の関係や相手の出した時期によっては年賀状を投函した後に届いてしまうケースがあります。そのため年賀状の受付が始まってすぐに投函する方は注意が必要になります。

次に二つ目は遅めに投函してしまう方に気を付けていただきたいことです。それは年末ぎりぎりに年賀状を出すと元旦に届かない可能性があるということです。元旦に配達される年賀状の受付時期は決まっているので年賀状を作成する前に確認するようにしましょう。近場の場合は多少遅れても元旦に届きますが、遠方の場合はそれは難しいです。そのため元旦に届くように受付時期は守るようにしましょう。

相手の方に失礼がないように投函時期には注意が必要です。

ジブリ年賀状2018年